十一面観音立像の見直し作業 20190615

十一面観音123637.jpg十一面観音123528.jpg

棚の片隅に置きっ放しになっていた十一面観音像

もう少し手を入れてみようかな。

これは、自分の通常よりも大きめに造ったもので、石粉粘土でもプルミエを使いました。

意外と細部の加工がしにくいという感想を以前どこかに書いたような記憶がありますが。

なにか、もうひとつ、意に沿わないところがあって、

それがどこなのか、よくわからないままに放置していました。

ずいぶん時間を隔てたので、また何か加えることができるかなぁ、と思うのです。

ちょっとだけ、顔や手や細部に手を入れてから写真に撮ってみました。

十一面観音134213.jpg

頭上面の配置がキマッテいないということはあるかもしれません。この角度から見ると。

頭上面というより、髻をもう少し大きくしたらよいのかも。

十一面観音123538.jpg十一面観音123544.jpg

腰衣がうまくいっていないのかな?

十一面観音134254.jpg

背面です。わざと、左右対称にはしていません。腰を捻った感じを出したいので。

十一面観音134243.jpg

十一面観音134305.jpg

この最後の写真は、結構気に入っています。

プルミエは、細部をいじってると簡単に折れてしまうので要注意なのですが、

もう少し細部を修整しようかな。

せっかく、いつもよりも大きめに造っているのだから。

この記事へのコメント

  • 素敵です!

    は~♡っと なります
    2019年12月02日 19:09
  • ひげねこおやじ

    @聖 様
    コメントありがとうございます。励みになります。
    このところずっと充電中で粘土いじりから遠ざかっているのですが、いずれ復帰して仏像制作にも身を入れたいと思っています。
    2019年12月02日 19:49