ヤコの《オーブン粘土》でお地蔵さんを造ってみる。この20190521

地蔵145244.jpg

以前から知っていて使ったこともあるヤコのオーブン粘土。

クニャクニャしている粘土を、乾燥させてからオーブンレンジで180度くらいにして焼くと、土器のようになります。

陶器のように、といってもよいのですが、180度設定で、20分焼くのを3回くらいしないと陶器っぽくならない。

それでも、やはり強度はもうひとつ。

でも、ちょっと素焼きっぽい感触で好きです。

これまで猫とか線香立てみたいな小さなもの、それに湯飲みとかカップなんかも作ったことがありました。

今回は、仏像に挑戦。しかも、石地蔵みたいな素朴な風情を狙って、お地蔵さん。

お地蔵様は左手に宝珠を持つのがお約束で、右手は与願人印か錫杖を持つか。

錫杖はちょっとやっかいなので与願印にします。

もともとは大地の恵み、宝を与えてくれる象徴的な存在ですが、

中国で地獄からの救済者として信仰され、日本でも地獄に仏、っていうと大概はお地蔵様ですね。観音とか不動明王のこともありますけれど。

地蔵145831.jpg

焼く前に細部まで整形するのは至難のわざで、グニャグニャだからおおざっぱな形に整えるくらいしかできません。

これを十分に乾燥させないとオーブンで焼いたときに割れてしまいます。

ところが、乾燥したらスッゴく脆くてとても手を入れられない。

で、このおおざっぱな形のまま、とりあえず20分、180度で焼いてみます。

そうすると堅くなり、しかもナイフで削れるので整形ができる。でも、粘りはないんで、砂岩を削る感じかな。

多少は粘土をここで加えてもいけそうな気もするんですが、よ強度はどうかな?

それで、さらに20分、180度で焼く。

地蔵151353_747.jpg

それなりの雰囲気が出るでしょう?

まだ、形が決まってないですけど、それだけ素朴というか、ほのぼの感があるのでは......。

手慣れてくればもっとカチッといけそうな気がしてきました。

地蔵145358.jpg

この記事へのコメント