観音菩薩像に金箔を押してみた。 20180731

レジン複製の観音像、彩色像や全身金泥塗り像のほかに、もうひとつ、金箔を初めて押してみました。 というのも、部屋の片付けをしていた娘が、かなり以前に買った?金沢土産の金箔片入り小壺を発見して、使わないかと言ってくれたのです。 それで、肉身部分や冠に筆先で、つや消しニスを薄めた液を塗り、そこに乾いた筆先につけた金箔片を載せて貼るという、かなり細かな作業をしてみました。 キチンと完成させ…

続きを読む

『糸のみほとけ』展(奈良国立博物館)見ました。 20180722

https://www.narahaku.go.jp/exhibition/2018toku/ito/ito_index.html 昨日、記録的な酷暑の中、奈良国立博物館に行って『糸のみほとけ』展という珍しいタイトルの展覧会を見てきました。 見どころは、図録でも言われているように大きく二つ。一つは古代の大型で緻密な仏像で、それらは刺繍と綴れ織りという技法で造られたもの。二つめは鎌倉時代を中心…

続きを読む

久しぶりに、猫。 20180716

こう暑くっちゃ、原稿なんか書けないよ、 とか言いながら、こういうことはやってるわけです。 少し新しいものを、というか、気分転換に、プルミエを捻ってみました。石粉粘土です。 うちにいる4匹の猫は、それぞれ特徴はあるのですが、いつもながらスケッチも何もせずに、しかも 猫のいない部屋でいじっていたので、イメージが1匹に集まらず、少なくともメス猫2匹が合体したようなかっこうになりました。 …

続きを読む

観音菩薩像に彩色してみる 20180716

型取りした観音菩薩立像、3体ほど同時に進めているのですが、そのうち一体は彩色像としてみました。 小さいお像は、細部の色入れが大変なことと、それ以上に細部の整形が難しいので、アラが見えてしまってイヤなんですけれど。 裳は、赤系にしました。 天衣を白で塗ってみたら、なんか冷たい色合いで気に入らなかったので、桃色、とやはり赤系統。でも、裏を薄青としました。目立たないですが。 肝心な肌ですが…

続きを読む

ドールとフィギュアと彫刻と 20180714

旧作「伸ばす」は、自作の中では好きな一作なので、ニューファンドで造った原型をシリコンで象ってレジン複製しました。 過程写真撮ってなかったんですが、これは一発目でレジンを型抜きし、欠けたところにパテで補修している段階です。 頭体の基幹部分はOKだったんですが、やはり手足の指先にレジン液が回りきれませんでした。残念。 で、結局、この手の指先で苦労することになるんですが、それはともかく。 …

続きを読む

暗い話 20180712

どうも鬱陶しい天候が続く、蒸し暑くて息苦しいほどだし、からっと晴れないので乾きが悪い等々、生活しているだけでもシンドイ。 でも、それぐらいではめげない性格のはず。 暗いニュースばかり、というのが、自分の精神状態を最悪に苛む。 自然災害による大きな災害、それは大きな心痛を産むけれど、それ以上に、世の中の不条理に、 心の内側から何かが壊れていくような、自分が生きていくために必要な「気」が…

続きを読む

観音菩薩立像の型取り 20180708

 旧作の観音菩薩立像の一体を型取りしてレジン複製を造ります。 シリコン型はこんな感じです。 シリコン、れいによってちょっとけちってます。 今回の型取りは、特に両手指先に腐心。 10センチくらいの大きさなので、両手を切り離さずに、一発で型抜きしようという魂胆です。 腕先部分がかなり深くえぐれていることがわかります。これはちょっとキツいかな、と思ったのですが、 やはり、難しかった…

続きを読む

『縄文』展から。日本的デザインとしての縄文土器。

東京国立博物館で始まっている『縄文』展。早速,拝見しました。 大の縄文好きですから、館の予告が出て以来ズッと楽しみに待ち焦がれていた展覧会です。 期待に十分応えてくれる内容でしたね。 私はなによりも人体〈特に女性)が好きですからw、土偶に目がないのですが、今回は「土器がスゴイ」です! 『縄文』展図録からて転載 今回、最も感銘を受けたのは、これでしたね。「焼町土器」。これ、図版では以…

続きを読む

プーシキン美術館展寸感

http://pushkin2018.jp/https://www.tobikan.jp/exhibition/2018_pushkin.html 昨日、いよいよ終わってしまうというので、上野の都美術館にプーシキン美術館展を見に行ってきました。 最近はあまり西洋画を見たいという強い欲求もなくなってきていたのですが、久しぶりに「西洋画」というものを見たいなぁと思ったので。 それで、何の前…

続きを読む

猫耳少女の線香立て

ひげねこ工房でのオリジナル定番(?)猫耳少女の線香立て。 百円玉にのるくらい(4cmほど)の小像。 シリコン型によるでレジン製です。 シリコン型はかなりテキトウ風ですが、いちおう、これで一発で全体が抜けます。穴ができやすいのはアゴの下とか足先ですね。 小さいのでブロック組み立てるまでもないか、ということで周りはギザギザ。 この型を組み合わせて、意図でグルグル巻きにして底面からレ…

続きを読む