小観音菩薩像 その2 20170731

小さな観音像、天衣をつけて全体のバランスを整えてみようと、試行錯誤。 手前に置いてあるのは、お気に入りの道具、メス。 ミネシマ MINESHIMA EF-06 精密ナイフキットこれは切れ味いいし、刃先は数種類あって、交換刃も売っている。特に先端が湾曲している細刃が良いですね。 それはともかく、この観音像、前回よりもバランス良くなってきたのではないかと思います。 まだ痩せていて、仏像一…

続きを読む

小観音菩薩像、途中 2017/07/28

十一面観音像と同時に着手した小さい方です。 観音像にしようと思います。 動きをつけたいので、左手は施無畏印でも与願印でもないかたちとしました。 どうしても仏像は平面的となりがちで、礼拝像としてはそれでよいのでしょうが、立体作品としてはもう少し動勢というか、奥行きをだしたいので。 この左手は、まぁ、見ようによっては、地上を平らかにしているようにも見えるのではないか、と。 この形にした…

続きを読む

Boyish girl その2  20170725

先日アップした  Boyish girl 細部を整形していたのですが、どうもシックリこない。 なんか、ひっかりながらも淡々と進めていたのですが、 おや? 右足の先が...............  なんと! 間違えて左足につくっちゃっていました。 いや、足を交叉していることで、こんがらがっちゃったんですね。 あわてて指先を修整しましたが、笑ってしまいました。 むかし、長男がす…

続きを読む

boyish girl 20170721

少女像 結局、頭部をひとまわり大きくしました。 小顔すぎるかな、という気はしていたのですが、ちょっと気に入った顔だったので、なんとかならないかと身体の方を盛ったり削ったりしたのですが..... ダメでした。 で、顔のうえに粘土を盛って全く別の顔にしました。 まえのは脱力した感じの、もの憂い顔つきをイメージしていたのですが、今度は思いっきり活発というか、野性的にいくことにしましい…

続きを読む

少女像、というより、アナスタシアのこと

スリムな少女像をつくっています。 途中ですが、割合と形になってきたので撮影してみました。 ほとんど片足で立っているので、結構バランスがむずかしい。 背景に昨日入手した『アナスタシア ロシアの響きわたる杉』シリーズの6冊目を置きました。それから、大きさが分かるのでライターも。 少女像は石粉粘土のニューファンドです。 脱力して立つ感じ。 ニュートラルな状態 自然さ が出るように…

続きを読む

遊戯座の菩薩・・・・・・・・維摩詰のこと。オマケに炳霊寺石窟

これはニューファンド(石粉粘土)で造り始めた菩薩?像。 わりと以前に始めたのですが、途中で方針が定まらず、ズルズルと未だにできない。 とんとん進むときには2週間でできることもあるのですが、これなもう一ヶ月以上も放置してるかんじで、昨日思い直してちょっと手を入れました。 遊戯座、というのだけは当初からの意図。 これだと、弁才天とか奏楽天のような楽器を持っている菩薩あるいは天が最終的に想…

続きを読む

十一面観音像を始めました 20170724

連日、暑いですねぇ。 この湿気の多い暑さ、苦手です。    正直、バテますね。 このところ、ブログが休みがちになるのは、粘土製作から離れていたからというわけでもありません。 こう暑いと、なんとなくヌードのほうに気持ちが行くんですが(別に仏像が暑苦しいというわけではないです)。 なぜだろう?仏像の方が集中力を必要とするせいかな? ヌードの方が、何にも考えなくってすいすい進むんですよね…

続きを読む