弁才天

 弁才天は吉祥天と並んでよく知られている仏教の女天。「女神」というひともいますが、仏教のホトケは如来・菩薩・明王・天部に分類されるのがふつうで、「神」という語は日本土着のあるいは神道の神をさすことが多い。使い分けしているわけですね。因みにキリスト教の「神」は誤訳といっていいもので、「天主」のほうが日本の神々と混同されずにすんだのに残念です。  弁才天は古代インドのサラスヴァティー由来とされ…

続きを読む

阿修羅

阿修羅(アシュラ)asura 1 アシュラはインドの神話に登場します。インド最古ともいわれる聖典『リグ・ヴェーダ』には「最勝なる性霊」の意味で使用され、インドラ(雷神)やアグニ(火神)、ヴァルナ(水神)なども含まれました。古代ペルシャのアフラ神と本来同義語だったようです。仏教成立後、仏教においてはインドラは帝釈天、アグニは火天、ヴァルナは水天としていろいろなお経に登場します(密教では方位…

続きを読む